反社会的勢力等への対応の基本方針

第1条(反社会的勢力等への対応の基本姿勢)

反社会的勢力を社会から排除していくことは、社会の秩序や安全を確保する上で極めて重要な課題であり、当社は企業の社会的責任を果たし、役職員、顧客、様々なステークホルダーが反社会的勢力からの被害を受けることを防止するために、反社会的勢力との関係を遮断するための取り組みを推進する。

第2条(反社会的勢力による被害を防止するための基本原則)

  1. 組織として対応する
  2. 名古屋銀行との連携を図る
  3. 外部専門機関との連携を図る
  4. 取引を含めた一切の関係の遮断を図る
  5. 有事における民事と刑事の法的対応を図る
  6. 裏取引や資金提供を禁止する

第3条(取締役・取締役会の役割)

  1. 反社会的勢力等への対応についての基本方針を決定し、この基本方針を実現するための体制を整備する。また、その有効性を定期的に検証する。
  2. 反社会的勢力から不当要求がなされた場合には、取締役等は統括部署より報告を受け、組織としての対応など、適切な指示をする。

第4条(基本方針の宣言)

社長は、取締役会で決定した反社会的勢力等への対応についての基本方針を社内外に宣言する。

第5条(体制への整備)

反社会的勢力への対応を統括する部署をコンプライアンス統括部署である総務人事部とし、営業店、本社各部、名古屋銀行及び外部専門機関と連携することにより、体制を整備する。