リースのメリット

資金の有効活用

リースは、設備投資の際に多額の資金を必要としません。
そのため、資金の固定化を防ぎ、効率的運用が図れ経営にゆとりが生まれます。また、費用の平準化が図れます。

機械設備の陳腐化に対応できます

技術革新の著しい機械設備を購入された場合、法定耐用年数に達しないうちに経済的寿命がつきてしまうことがしばしばあります。

このような場合、実際の使用年数をリース期間として設定することによって機械設備の陳腐化に対応することが可能となります。

リースは経費処理できます

中小企業※のお客様は、賃貸借処理が可能です。したがってリース料は全額経費として損金処理できます。
リース期間は法定耐用年数より短く設定でき、税金面で有利となるばかりでなく、固定資産に計上しなくてもよいので財務比率を悪化させません。

※中小企業
1.会社法における大会社(資本金5億円以上または負債総額200億円以上)及びその子会社。
2.金融商品取引法に基づく有価証券報告書提出会社及びその子会社、関連会社。
上記1,2以外の法人を指します。

経理事務の負担軽減

月々のリース料支払いだけで、固定資産税の申告・納付、保険契約などの事務手続きは一切不要なので事務の合理化を促進します。同時に毎月定額支払いのため、コスト計算や合理化効果の計算などが簡単です。

適正な廃棄処理

企業の所有資産は自己責任において適正処理しなければいけませんが、リース物件であればリース会社に返却すればその後の適正処理の責任から解放されます。